住信SBIネット銀行を使いこなす1〜定額自動振込サービス
スポンサーリンク

振込や引落で困ったことあるあるを解決!定額自動振込サービス

家賃の振込をしないといけないのに振込手続きを忘れちゃった!!

給食代が引き落とされるのに口座残高が足りなかった…

給料日後に忙しくて銀行回りができない
銀行の振込や引落で焦ったり困った経験はありませんか。今日はそんな「焦った!」「困った!」「忙しくて時間がない!」という方にオススメしたい定額自動振込サービス”を紹介します。

 

私は住信SBIネット銀行のサービスを複数使うことで、毎月給料日後に行っていた『銀行周り』や『ネットバンキングでの振込ポチポチ作業』から解放されました。
ぜひこの記事を読んでいる皆さんにも銀行の便利なサービスを使いこなすことで、必要なお金が必要な口座に出入金される”銀行の仕組み化”を整え、毎月の『銀行周り』から解放され、今まで銀行周りにかけていた時間を自分の本当にしたことをする時間にしてほしいです。

 

スポンサーリンク

住信SBIネット銀行の定額自動振込サービスとは

住信SBIネット銀行では一度設定をすると毎月(または毎週)決めた日に決めた金額を振込してくれるサービスがあります。
住信SBIネット銀行以外の銀行でも振込をしてくれるサービスはありますが、手数料が400円から1000円以上かかります。無料で定額自動振込が出来る銀行は住信SBIネット銀行楽天銀行、イオン銀行です。
住信SBIネット銀行をはじめとするネット銀行の比較がしりたい方は>>>新定義でネット銀行を比較
定額自動振込サービスの詳細
  • 登録は10件まで可能
  • 金額は登録ごとに設定可能
  • 振込先は自分名義の口座でも他人名義の口座でも設定可能
  • 毎月1日から31日までで日付の設定可能
    設定日が土日祝日のときは前営業日か営業日か選べる
  • 毎週(月曜〜金曜)入金設定もできる
  • 手数料1回は誰でも無料
手数料については住信SBIネット銀行での利用ランクにより無料回数が変わってきます。住信SBIネット銀行に口座を開設している人は誰でも毎月1回は他行への振込が無料です。2回以上利用したい人は住信SBIネット銀行のランクをあげる必要があります。
関連記事>>>
スポンサーリンク

仕組みをつくろう!定額自動振込サービス

他人名義(他行)への振込を毎月自動で行う

例えば毎月の家賃を大家さんの銀行口座(他行)へ25日に入金しなければいけないとき。
定額自動振込サービスを1回設定してしまえば、設定を変更しない限り毎月25日に相手の口座へ自動入金されます。
同じように駐車場代、習い事の月謝、実家や子どもへの仕送りなども設定することができます。

自分名義の他行の口座への振込を毎月自動で行う

例えば小学校から「給食費は毎月15日にゆうちょ銀行の口座から引き落とします」という指定があったとき。
住信SBIネット銀行で仕組みをつくる
  1. 毎月10日:住信SBIネット銀行の口座からゆうちょ銀行の口座へ5000円が振込されるように設定
  2. 毎月10日:ゆうちょ銀行の口座に5000円が入金される
  3. 毎月15日:ゆうちょ銀行から給食費が引き落とされる
同じように習い事の月謝の引き落としなども設定することができます。

自動で振込される仕組みが出来ました

住信SBIネット銀行の定額自動振込サービスを利用した振込や引落の仕組みの作り方は理解できたでしょうか?
これまで困っていた、面倒だと感じていた振込や引落は解決できそうでしょうか?
定額自動振込サービスを利用したご自身に合った利用の仕方をイメージ出来ていたらうれしいです。

住信SBIネット銀行に口座開設したくなった方

住信SBIネット銀行の口座開設ページ>>>住信SBI 銀行のHP
直接住信SBIネット銀行から開設するのもいいですが、ちょっとひと手間かけてポイントサイトを経由させたらポイントがもらえますよ。ぜひ口座開設はポイントサイト経由でお得に開設。オススメはハピタス

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

住信SBIネット銀行の定額自動振込サービスの設定方法

長くなったので設定の方法は別の記事にします

次回の記事は

そもそも住信SBIネット銀行が給与受取口座じゃない

住信SBIネット銀行に入金する手間が結局かかるじゃないか
という方に必見!!住信SBI定額自動入金サービスについて説明します
この定額自動入金サービスと定額振込サービスを両方組み合わせれば毎月勝手にお金が必要な口座へ移動してくれるようになります
おすすめの記事