【教育費の貯め方】1人800万を仕組み化

こどもの教育費いくらかかるんだろう

子どもの教育費、他のおうちはどうやって貯めてるのかしら
ママになると急に気になりだす、子どもの教育費。
1000万かかるって本当?
いくら用意したらいいの。。。
どうやって考えたらいいの?
気になることがたくさんありますよね。
よそのお家の事情も知りたいなって思いますよね。
今回は私の教育費の貯め方について全部公開します!
スポンサーリンク

教育費の目標は中学3年までに800万×2人

表:一般的な学費と生活費

まずは一般的な大学生の学費と生活費の一覧を見てみましょう。

4年間で大学に支払う費用+下宿するか、下宿しないのかによって

費用は全然変わってきます。

区分 4年間で大学に支払う金額
国立大学 2,916,000円
公立大学 3,082,471円
私立大文系 4,763,783円
私立大理系 6,456,421円
私立大医歯系 26,019,441円
文部科学省「平成28年度学生納付金調査」より
区分 毎月の生活費
自宅生 33,000円
自宅外・学生寮 68,000円
自宅外・下宿生 86,000円
うちは下宿になる可能性はほぼないはず。生活費は毎月の給料から出すことにします。もしも地方大学を希望するなら国公立大学に行くならいいよというつもりです。
親のお金も無限ではないことを子どもたちにも知ってもらって、自分自身で進路を考えて欲しいとおもっています。
親の勝手な願いとしては就職に有利そうな理系に行ってもらいたい願望があるので私立理系に通える分は準備することにしました。

はぐ家の目標

  1. 高校までの学費は給与から出す。
  2. 15歳(12歳)までに貯める。
  3. 学費目的として貯金するのは大学決定後に支払うお金からにする。
  4. 金額は1人800万(自宅通学私立理系大学費用)にする。

高校までの学費は家計から出す&15歳までに貯める。

住んでいる地域は高校から私立に行く可能性も高い地域です。私立高校に進学した場合、学費は給与から支払う予定でいます。高校の学費を毎月の給与から支払ったら、大学の学費を貯める余裕はなりそうなので、高校進学前に大学費用は貯めておきたいと考えています。
もっと言えば中学受験をする家庭もとても多い地域です。中学受験についてはまだ悩んでいますが、もしも私立中学に進学する可能性が高くなったら、目標期間は12歳までに早める必要があると考えています。

大学の入学決定後からのお金を貯めておく。

大学の入学が決まってから入学費用&4年間の学費を貯めることにしています。
入試のために宿泊したり新幹線や飛行機に乗ることもないと思うので、入試にかかわる費用分までは計算に入っていません。

1人800万円なので2人で1600万が目標

1人800万は私立理系分までは用意してあげようと考えたからです。(私立医歯系は奨学金にしてもらう!!)

1人800万ということは2人で1600万です。兄弟で差はつけたくないので、これが我が家の目標金額です。
スポンサーリンク

教育費800万の貯め方

現金で貯めたり、運用をすればもっとお金を用意できるかもしれませんが、我が家は教育費の75%は利率が悪いとは言いながらも学費目的の保険に複数入って学費を準備することを選択しました。それは大前提として、夫婦になにかあっても「学費のためのお金」を子どもたちに確実に残したいと考えたからです。そして元本が割れないということも教育費を貯める上では重要なことでした。

①児童手当 全額約200万

児童手当をもらえるうちは児童手当は全て教育費にすることにしました。
計算式
3歳まで15,000円×12ヶ月×3年=540,000円
15歳まで10,000×12ヶ月×12年=1,440,000円
合計1,980,000(2万円はどっから捻出します)
現在は外貨ETFにて運用中
我が家は教育費総額に対する保険の比率が75%と高いです。
保険ではインフレに対応できていない(その分元本はしっかり保障されている)ので、児童手当の分は少しリスクを取っても良いからインフレにも対応できるように外貨ETFにて運用すると決断しました。

hagu
外貨ETFで増えてまとまった金額になっていったら社債や国債などよりリスクの低いものにしていくものいいかもと考えていますが、しばらくは外貨ETFで運用していきます。

②保険 ※加入した時系列で解説

低解約返戻型終身保険

低解約返戻型終身保険
加入時期:長男誕生後に加入
被保険者:夫
支払期間:15年間
死亡保障:1000万
解約返戻金:長男高3のとき約600万
返戻率:105%
年利:0.6%
加入した理由
夫が死亡した時に学費として利用できる保障が欲しかったので終身保険に加入しました。
解約時期は私たちが選ぶことができます。そして解約時期を遅らせれば遅らせるほど返戻金は増えていきます。
また全部解約しなくても必要な返戻金の分だけ契約を解約するという方法も取れます。

hagu
長男分は①の児童手当200万と低解約返戻型終身保険の解約返戻金600万。合わせて800万の準備がこれで出来ました。

学資保険

学資保険
加入時期:次男誕生後に加入
被保険者:妻
支払期間:10年間
満期支払:300万
返戻率:122.3%
年利:1.01%
加入理由
妻が死亡したときの保障がなかったので(最初に夫から契約したのは夫の方が生活習慣としてリスクが高いからと思ったからです)、次男出産後に返戻率の高めな学資保険に妻名義加入しました。
学資保険なので私が死亡したときは支払は免除となり、満期時に300万支払われます。

ドル建て終身保険

ドル建て終身保険
加入時期:次男3歳のとき
被保険者:妻
支払期間:10年間
死亡保障:3万ドルと4万ドル。計7万ドル
解約返戻金:次男高3のとき2.45万ドル
返戻率:101.%
年利:0.11%
加入理由
私が仕事で昇給し、給与に少し余裕が出たので加入しました。
ドル建て終身保険に加入する前は、夫死亡保障1000万、妻死亡保障が300万とバランスが悪く、夫と同じぐらいの金額まで死亡保障をつけたかった。家計を圧迫させないためにドル建てにて加入しました。
3万ドルと4万ドルの2つ分けた理由
  • 必要な分だけ解約出来るようにするため
  • 支払が大変になったときに片方だけ払い止め出来るようにするため。
  • 解約時の為替リスクを軽減させるため。
です。
ドルの為替リスクがどうしてもあるので、少しでも為替リスク軽減のために円高の時に数ヶ月分前納するようにしています。
関連記事>>>ドル建終身保険と円建て終身保険の比較(今後追記)
関連記事>>>ドル建終身保険に加入した時に考えた為替リスク(今後追記)

hagu
次男の分も、児童手当200万、学資保険300万、ドル建て終身保険約270万。計770万用意出来そうです。残り30万はどっかから出すようにします。
スポンサーリンク

総括

1人800万を目標とした我が家の学費を貯める方法を書いていきましがいかがでしたか?
まだ補足したいこともあるので今後も加筆修正してきますが、皆さんの参考になりましたか?
1人800万。2人で1600万を貯めるのは大変です。大変だからこそ私は保険で毎月、毎年強制的に引き落とされ貯まる仕組みにしました。
今順調に貯まり、目標の1/4が貯まっています。また教育費の貯金の経過や外貨ETFの運用状況についても更新していきます。
おすすめの記事