スポンサーリンク

1週間ごとに変動費の集計

週締で管理しているのは変動費と特別費です

 

 

固定費は基本的に

「クレジットカード払い」か「銀行口座から引き落し」になっているので

手元でお金を動かすことはありません。

だから固定費は月末にまとめるだけで十分。それ以上のことはしません

月曜→日曜までで区切る

区切りは月曜から日曜までの1週間ごとにしています

これは週末に買い物が多くまとまっていて

月曜に集計をしやすいからそうしているだけです

「1週目が2日だけ」とか「5週目が1日」とか言うときは

集計をわざわざ2週に分けるのが面倒なので

1週目と2週目を合体させてちょっとでもラクをしようとしています

この辺りは臨機応変にさせています!

 

これもあり!

土曜日→金曜日までのほうがやりすい方はそれでもOK!

1日〜7日までとか10日ごとに区切るでもOK!

大事なのは無理なく出来るか

自分でしっくりいっていることが一番大事なこと

 

家計簿ってつくづく自分に合わせた仕様にしておかないと続かないよな〜って思います

 

やりくり費の予算

やりくり費に予算はありますが

「1週間で1万円!」とか「2日で3000円!」とかいう細かい予算は立てていません

 

細かい予算管理をしないのは

  • 買い物の頻度が少なくてまとめ買いが多いから
  • 1週間や1か月の支出うんぬんよりも年間の目標貯金額が達成されればいいから
  • 節約には向いていない、すぐに爆発してしまう性格だから

 

管理しやすい&削りやすいのは食費なんですが

夫が買い物して夫が調理して作り置きをする我が家では

お金のことで夫が料理しにくくなって結果外食が増えるよりも

夫が気持ちよく料理してくれるほうが体にもお財布にも優しいので

食費を管理することはやめました!

他のところで私が管理すればいいや〜と考えを改め

夫婦ともに平和に過ごしています

 

スポンサーリンク

集計表の書き方

構成

私の集計表はこちら↓

Excelで作成し

無地のルーズリーフに印刷しています

上段が費目ごとの集計

中段が支払方法ごとの集計です

下段は反省と分析用です

 

集計の仕方

ジブン手帳を見ながら書きます

ジブン手帳にメモしたものをもとに

基本1週間ごとに集計しています(溜めることも全然あります)

 

  1. 費目から集計をしていく
  2. 食費はスーパーの3500円。日用品はニトリの1500円。と書く
  3. 同様に費目全部集計して合計の数字が39570円になる
  4. 次は支払い方法ごとに集計していく
  5. マーカーの色分けをよく見て現金11500円(ニトリの1500円。夫の小遣いの10000円)を書く
  6. オレンジ色のマーカーの6500円(スーパーの3500円とAmazonの3000円)をクレジットカード欄に書く
  7. 同様に支払い方法の全部を集計して合計の数字が39570円になる

 

ここでは、費目ごとの集計の金額と支払い方法ごとの金額が全部同じ39570円になればOKです

 

スポンサーリンク

私の合格ライン

家計簿は人それぞれに把握したい金額や合わせたい金額があるとおもいます

自分の合格ラインを知っておくと必要以上のことはしなくても良くなるのでいいですよ

 

私が知りたいことは

  • いくら、何にお金を使ったのか
  • クレジットカード利用分はいくらで引き落とし口座にいくら入金しておけばいいのか

の2点です

 

この2点を知るために設けた私の合格ラインは

私の合格ライン

3つの合計金額の一致

  1. ジブン手帳の累計金額
  2. 費目ごとの合計金額
  3. 支払い方法ごとの合計金額

もうこの3つの数字が一致していればあとは細かいことはいいません

上の数字でいうところの39570円です

 

 

私が家計管理でやらないこと

合格ラインがわかったことで気が付いたのが

  • お財布の中の小銭を数えること
  • 銀行口座の残高を合わせること

 

つまり手元のお金を数えることは私にとっては必要なことじゃないとわかったのでやめました

 

どんなにちゃんと管理していても1円単位でお金を合わせるのは

とても難しいことです

この難しさは会社で現金の管理をした経験からも学びました

簿記の勉強をしていたときも「雑損」といって合わないお金を調整する呼び名があることを知って

「あっ、会社の会計でもあるのだから無理して合わせなくていいのね」と安心しました

 

大事なことは1円を合わせることじゃない

支出を把握すること

 

反省と分析

 

私の集計表の一番下の『反省と分析』は実は大事な記入欄です

家計簿書く人って記録にとることはとても上手なんですが

そこから反省して落ち込んで。。。で終わらせてたら勿体ない!

せっかくデータがとれたんだから分析は忘れずにしましょう

  • 1月は帰省して光熱費と食費は減るけど、お土産で交際費がかさむ。ここのプラスマイナスが同じになるように来年はお土産は〇〇円にしよう
  • 6月は一年で一番光熱費が安い!!この月にクリーニングを出そうかな
  • 医療費は冬は多めに見ておこう
  • 毎月日用品がオーバーする。予算を増やす?

 

気づいたことを書いて、どうしようかな〜って考えるだけで

次はどうしようかな、どうしたらもっと良くなるかなって

「次の一手」がわかったら、やってみて

また微修正を繰り返していく

そうしていくうちに段々とやることはなくなっていって

家計が整っていきますよ

人にもよるとは思いますが私は半年ぐらいで

整いました!!

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事