スポンサーリンク

1ヶ月のお金の収支を1枚に集約

Excelで作成してA5の無地のルーズリーフに印刷して使っています

裏のページが週締めです

この裏表1枚で1ヶ月のお金の収支が全てわかるようになっています

家計簿に限らずノートやメモ関係は出来るだけなんでもA5ルーズリーフにまとめようと日頃からしています

ルーズリーフなので1枚だけバインダーから持ち出してカフェや職場で集計なんてこともできるし

メモ書きをあとでまとめるのも楽!

 

スポンサーリンク

収支とクレジットカードと運用資産まで管理

まずはざっくりと説明。

大きく分けると青枠は普通の家計簿の収支です

灰色の枠はクレジットカードの支払いについてと

ざっくりとした運用中の資産のメモになっています

スポンサーリンク

青枠:家計簿部分について

①収入

基本的に収入欄には給与収だけ書いています

  • 夫の給与
  • 妻の給与

 

児童手当や株などの不労収入は「家計のお金とは別」だと考えているので、ここには書いていません

②固定費

固定費:毎月決まった金額支払わなければいけないお金

先取り貯金=固定費。毎月貯金しなければいけないお金

と考えて、貯金も固定費に入れています

我が家では固定費の支払は、クレジットカードか口座引き落としで現金管理するのもはひとつもありません

 

文字の色分け:引落口座別

セルの薄ピンク色:先取貯金

 

住宅・光熱費
  • 住宅ローン(銀行口座引落)
  • 電気(クレジットカード払)
  • 水道(クレジットカード払)
  • ガス(クレジットカード払)
  • スマホ(クレジットカード払)

クレジットカードで払えるものはクレジットカード払いにして「ポイント(マイル)をもらう」ようにしています

こども費
  • 給食費(ゆうちょ引落)
  • 学童(ゆうちょ引落)
  • どらゼミ(ゆうちょ引落)
  • 保育料(銀行口座引き落とし)
  • スイミング(クレジットカード払)

毎月子どもにかかるお金です。

この枠の予算は長男小3(小4からは塾に行く可能性もあるので)までは二人で5万円と考えています

今は5万円をオーバーしていますが、2年後に次男が小学生になれば保育料がなくなり、5万以内に収まって習い事も増やせそうです

 

積立
  • デパート友の会(銀行口座引き落とし)
  • 社内財形(給与引落)

デパート友の会はすぐに使うので貯金にはカウントしていません。

お得なデパート友の会についてはまた別の機会に記事を書くつもりです

教育費積立
  • 長男学費目的(低解約返戻金終身保険)(クレジットカード払)
  • 次男学費目的(学資保険)(銀行口座引き落とし)
  • 次男学費目的(ドル建て終身保険)(銀行口座引き落とし)

教育費の目標はひとり800万。二人で1600万を目標にしています

夫婦に何かあっても子どもに教育費を残したいため、教育資金については保険で積み立てています

児童手当は教育費目的で家計とは別に考えて投資信託で運用しています

 

老後資金積立
  • 個人年金(クレジットカード払)
  • 変額個人年金(銀行口座引き落とし)
  • 夫ideco(銀行口座引き落とし)
  • 妻ideco(銀行口座引き落とし)

 

個人年金については、運用の勉強をした今なら入りませんが、

  1. いまやめる元本割れ
  2. 払止めもできない
  3. 資産の分散という意味で自分だけで運用するのではなく運用機関が入るのも悪くないだろう
  4. 払えない金額じゃない

 

4点の理由から渋々継続しています

 

保険
  • がん保険(銀行口座引き落とし)
  • 収入保障保険(銀行口座引き落とし)

保険の内容についてはまた今後書いていきたいと思います

 

 

③変動費

変動費の内訳
  • 食費
  • 日用品
  • 車費
  • 交際費
  • 医療費
  • 衣服費
  • おこづかい  など

ここで特記するのは衣服費

衣服費は私の中で管理がしにくい費目です

家族の中でダントツ洋服にお金を使っているのが私

そこで衣服費は夫・私・こどもに分けて管理しています

分ける理由は大体私が予算オーバーの原因なので

私がいくらオーバーしているのかを明確にするためと

子供達は毎年購入する服の種類も数も大体決まっているので

来年の予算管理するためにも集計を取っています

 

④特別費

固定費・変動費とは別に年間で管理しているお金です

特別費用の口座を作っていて

使った分だけ下したり、クレジットカード引落の口座に入金したりしています

特別費の内訳
  • 車関係
  • 税金関係
  • 誕生日などイベント

 

⑤固定費と変動費の合計

特別費は含まずに固定費と変動費がその月の収入に収まっているかのか確認しています

収まっていなかったら、、、特別費から補填します

貯金を崩すことはしないように頑張っています

灰色:クレジットカードの管理と運用資産

⑥今月の貯金額と年間累計貯金額

私が家計簿をつける理由は何と言っても

貯金をするため

なので、家計簿のあちこちに貯金額が見えるように

貯金の見える化の仕掛けを作っています

ここに書くことで

今月も〇〇円貯金できた!

これで今年になってから〇〇円貯金できた!

目標は達成できそうかな?

と確認したり自分を褒めたりしています

⑦今月使用したクレジットカードの利用額

固定費・変動費・特別費を含めて今月の利用したクレジットカードの金額をまとめています

月末に家計簿の集計をして金額がわかったらクレジットカード引落口座にお金を移動させます

⑧今月引き落としのクレジットカードの利用額

私は1日〜31日締めで家計簿&クレジットカードも管理していますが、クレジットカード会社は10日締めなんです

あらかじめお金は移動させているので足らなくなることはないのですが、念のために口座の残高を確認するためにも

引落額のチェックをするために書いています

⑨運用中の資産の時価

ここは家計簿の内容ではないのですが、、、

運用中のお金がどうなったいるのか確認したくて本当にざっくりと時価と評価額を書いています

自作家計簿の良さ

このフォーマットを最初に作って以降も何度も何度も修正や変更をしています

市販のものだと「何のために書くのか」って見失いがちになりますが

自分で作ったから変更もしやすいし、何のために書いたのかも理解しています

さらに集計しやすくするために工夫したり

年間で把握したいものについては別の表を作成したりと自分なりにどんどんカスタマイズしています

この形の家計簿にしてから年間収入の30%は貯金や資産運用に回せるようになりました!!

 

 

 

おすすめの記事