インスタで2017年から#住民税のもとをとる部 というタグを作り、私自身発信を続けていますが

ほかの方にも使っていただいていて今では700件以上の投稿があります

今月はサンキュにも掲載されました。

私としては『住民税のもとをとる部』としているのですがサンキュさんでは『住民税の元を取る部』になってましたね。他にも『住民税のもとをとりたい部』おか『住民税の元をとる部』とか若干違いが・・・

もっと有名になってみんなの認識が統一されますように(そのほうが検索しやすいでしょうから)

スポンサーリンク

住民税のもとをとる部とは?

簡単に言うと住民税で払っている額相当の自治体サービスを積極的に利用していこう!!そして住民税のもとをとっちゃおう!!っていう活動です

サラリーマンだとなかなか節税って出来ない。でも何か節税出来ることってないかなって思ったんです

そうしたらせっかく払っているんだから自治体のサービスを積極的に利用していけば

民間会社よりも安く利用できていいのではと思いつきました

それに自治体としても利用してほしくていろんな施設を作っているはずなので、利用しないはむしろもったいないのでは?!

と大げさに考えたのが始まりです

 

 

スポンサーリンク

どんな利用方法があるのか

私の住んでいる自治体では住民のための様々な施設があります

自治体の施設
  • 保育園、幼稚園、こども園
  • 小学校、中学校
  • 児童館
  • 公民館
  • 図書館
  • 体育館
  • プール
  • 文化会館
  • 地域農園

私はこどもが小学校や認可保育園に通っている時点で住民税の恩恵は受けているなと感じています。

こどもが小さい頃はよく児童館に行っていました!夏でも冬でも快適な温度、家にはないおもちゃにこどもたちも夢中で遊んでいました

最近はよくプールに行きます!流れるプールや滑り台とかない普通のプールですが、それでもこどもたちはとても楽しそうに遊んでいます

公民館や文化会館ではいろんな催しを毎月行っているのでホームページで確認してみるといいですよ

こども向けのコンサートなどは周りもみんなこどもなので少しぐらい泣いても大丈夫!ママも素敵な音楽を聴いて気分転換にもなるしオススメです

 

スポンサーリンク

そして一番のオススメは図書館

私が読書好きなこともあるのですが、一番のオススメは図書館です

ママはもちろん、こどもの絵本や紙芝居もたくさん借りています

悩み1.こどもと一緒だと本が探せない

「こどもが小さくてゆっくり本を探せない」っていう方も、最近の図書館はネットから予約が出来て、用意が出来るとメールが届くサービスになっているので読みたい本があればネットから予約してみてください

悩み2.ほしい本がない

読みたい本が図書館にない時はリクエストしましょう!自治体にもよりますが私の住んでる自治体ではほぼほぼ購入してくれます

悩み3.なかなか予約がまわってこない

これは待つしかないです。でもちょっと裏技。職場の近くに図書館があれば、その職場近くの図書館も利用できることがあるので確認してみてください。

 

ママが図書館を利用するメリット

こどもも本が好きになる

ママが楽しそうに図書館を利用していれば、こどもも絵本、本を読むのが好きになりますよ(もちろん全員ではないと思いますが)

 

その様子をインスタでよく投稿しています

 

 

 

 

検証!本当にもとを取れているのか

今までこんなに真剣に検証していませんでしたが、記事にするならここまで書かなくては!

そして数字で見ることで皆さんもきっともっと積極的に住民税のもとをとる部活動をしてもらえると信じて(笑)

 

私は毎月10冊は本を読んでいます。単純に1冊が1000円だとして1000円×10冊×12月=120000

こどもも絵本や紙芝居を毎月10冊ずつは借りています。

おすすめの記事