知ってる人は知っている保険の入り方、月2841円で不安を解消
スポンサーリンク

収入があがったので保険に加入

収入がちょっとあがったので、久々に保険に加入しました。

私は収入が上がると、

  1. 保障をまず増やしてもしもに備える
  2. さらに余ったら貯金や投資する

そんな癖があります。

今回も「私にもしものときの保障がちょっと足りないな」と思って加入を検討し始めました。

スポンサーリンク

死亡保障の優先順位第一位は教育費

保険に入るときに私が大切にしているのは、「目的を見失わないこと」と「優先順位」です。

保険ってもしものために加入するものですが、「もしも、、、」って考えだすと不安がどんどん募ってきます。それら不安を全部解消しようと保険に入ったら、家計が破綻します。

破綻まで行かなくてもバランスを崩してしまうぐらいは起こっちゃいますよね。

だからこそ、目的を明確にすることで必要以上の保障は付けずに保険料を抑えることが出来るし、

優先順位をつけることで、家計とのバランスを保つことが私は出来ました。

 

我が家で優先順位が一番高い死亡保障はなんといっても教育費です。

夫婦どちらかに何かあってもこどもには教育資金として1000万の保険にすでに加入済みです。

 

スポンサーリンク

今回の目的は住宅ローン返済用

夫が死亡した場合は住宅ローンの支払いはなくなる

我が家は夫のみで住宅ローンの借り入れをしているため、

夫が亡くなった場合は団信に入っているため住宅ローンの支払いはなくなるのですが、

私が亡くなっても住宅ローンの支払は続きます。

月々11万の住宅ローンの支払いをしながら夫のみの収入でも生活できなくはないのですが、

  • 教育費準備してるけど塾代までは考えていない。
  • 外食とか増えてちょっと生活が苦しくなりそう。
  • 夫の老後資金が心配(私の死んだ後の夫の老後の心配までしてあげるなんて、なんてよい妻なんだ!!!!)

ってことで子どもが独立するまでの期間限定で収入保障に加入を検討することにしました。

 

加入したのは月々8170円払いの収入保障保険

 

加入した保険の内容

保険料払込期間 15年(2033年 次男19歳)

保険料 年98,040円(月8170円)

総支払額 1,470,600円

死亡、高度障害のとき 月100,000円

保険期間 2053年(夫71歳、次男39歳まで)

 

住宅ローンは11万。保険は10万。1万円は家計でやりくりしてもらいます(そのぐらい大丈夫でしょ)

年間10万近く保険料払うの??高すぎない?って方、続きがあります。

2034年解約予定。解約返戻金は959,050円

今回加入した保険は払い込みを終了した翌年2034年から解約すると解約返戻金がもらえます。

解約返戻金 長男 次男
2034年 959,050円 22歳 20歳
2038年 779,110円 26歳 24歳
2043年 493,380円 31歳 29歳
2048年 188,520円 36歳 34歳
2053年 0円 41歳 39歳

 

一番解約返戻金が多いのが2034年で959,050円戻ってきます。

2034年には長男22歳、次男20歳です。学費は別に準備しているので、この時点で解約しても問題ありません。

 

2034年に解約した時の実質保険料

511,550円(総支払額1,470,600円-解約返戻金959,050)

年間保険料 年34,103円(15年支払)

月換算 2,841円

収入保障保険って「支払期間=保障期間」「掛け捨て」ってイメージが強いと思うのですが、

支払期間と保証期間を変えることで解約返戻金がある商品もあるんですよ!!

解約するまでは支払額が多いですが、解約返戻金額は確定しているので

16年目に解約する!という固い決意があれば実質支払は、ぐっと下がって年間34,103円。月々2,841円ってことになります。

こんな加入の仕方があると知ったのはインスタの友人町田さんのおかげです。

hagu
この保険は三井住友海上あいおい生命保険の『新収入保障保険(払込期間中無解約返戻金型)(Ⅲ型)』です。

名前のとおり払込期間中に解約しても解約返戻金はありませんのでご注意ください。

ぜったい支払いきれる!っていう方にオススメです。

そして保険の名前の(●型)って部分ですが、数字によって保障内容が変わりますので要注意です。

掛け捨て2841円でもいいと決めた理由

いま私が死亡したり障害をもったり就労不能と認めらたら毎月10万円が夫が71歳まで支払われます。

その総額が4200万!

5年ごとの死亡保障額をそれを表にしました。

長男 次男 保障額
35歳 36歳 6歳 4歳 4200万
5年後 40歳 41歳 11歳 9歳 3600万
10年後 45歳 46歳 16歳 14歳 3000万
15年後 50歳 51歳 21歳 19歳 2400万

このように保証金額が大きいので掛け捨てでもいいかなと思えたのが一番の理由です。

もしもがあれば夫が71歳までお金を受け取れるんです(夫には感謝してもらいたいわ〜 良い妻アピールpart2)

 

またひとつ不安が解消されました。

保険に入る理由ってひとそれぞれだと思うのですが、私は「不安を解消するため」に加入しています。

保険料、保険内容、保障に納得して加入すると不安はちゃんと解消されます。

私はこれで死亡に備えた保険に加入するのは最後にします。

今後保険に加入する余裕がまた出来れば、次は相続税対策します!

相続税を対策しないといけないぐらい、資産を残せるように頑張ります

おすすめの記事