小4の壁ではなく小3の壁がやってくる
スポンサーリンク

息子、学童やめそうだよ

小学2年生の息子。

1学期にして公立学童やめそうな雰囲気が出てきました。

理由は

もって自由に遊びたい!!
自分のおもちゃで遊びたい!

という、、、わからなくもない理由です。

 

通っている学童は児童館併設型なので

学童スペースは主に勉強とおやつを食べる場所

遊ぶスペースは学童の子も児童館に遊びに来た子も同じ場所

 

 

そうすると遊ぶときには学童の子と普通に遊びに来た子が一緒に遊びます。

うちの子からすると、一度家に帰って児童館に遊びに来た子は

  • 自分のおもちゃを持ってこられる
  • 児童館に飽きたら公園で遊べる

 

自分もおもちゃをもっていきたい!とうらやましくなるようです。

加えて施設全体が狭く活発なうちの息子はもっと走り回りたいと、

学童を窮屈に感じているようです。

 

そんなわけで

 

学童やめたい!
発言が出てきました。
早いよ、まだ小2だよ。。。
でもそろそろ学童なしでも生活できるように
準備していく必要が我が家にはあるのです。
スポンサーリンク

住んでる地域は小3の壁だった

保育園入園もなかなか大変だった共働き世帯が多い地域に住んでいます。

急増した保育園に対して学童は増えていないので、常に定員がパンパンな状態です。

通っている学童の定員と在籍人数です。

学童の定員と在籍人数

定員100名

在籍1年40人(75人)
2年40人(75人)
3年15人(60人)
4年5人

()の人数は小学校の学年の人数

これをみてわかるように1年生や2年生は学年の約半分が学童に行っています。

もちろん習い事や親の仕事の関係で全員が週5日学童にいるわけじゃありません。

でも、常に定員はいっぱいです。

初めての学童の保護者会で言われた衝撃の言葉

実はここ数年で学童への申し込み人数が激増しているため、

小1で初めて行った学童の保護者会で学童の責任者から衝撃なことを言われました。

 

学童館長
今から厳しい現実の話をします。
今年1年生と2年生で70人います。
来年の1年生がまた40人ぐらい入ってくると3年生で入れる子は
おそらく20人ぐらいです。3年生で希望しても入れなくなる可能性があることを
今から考えておいてください。

 

小4の壁ではなく小3で学童に入れない可能性が大きいことを

去年から言われていました。

こちらが通いたいと思っていても、通わせられない現実があるのです。

 

スポンサーリンク

ココがつらいよ、学童

定員の問題で入れないこととは別に、

親としても、このまま学童に通わせるのでいいのだろうか

ということに疑問を感じている点があります。

狭い室内に100人!!

学童施設は広くなく、屋外施設もありません。

元気いっぱいの小学生が毎日数時間100人が室内で過ごしています。

エネルギーが有り余っていて動きたくてしょうがない子どもたちが

狭い室内で動いているため、トラブルも起きやすく

学童の先生たちは安全確保に一生懸命です。

逆にいえば安全確保以上は望めず、小学校時代の貴重な放課後の時間を安全確保のために学童に通わせていいのだろうか。もっと好きなことややりたいことをやらせてあげたいなと思い始めました。

 

宿題を落ち着いてできる環境、、、は難しい

学童では毎日宿題をする時間があります。

あるんですが、なかなかうちの子はやってくることができない。

その理由が上にも書いた狭さが原因のひとつで

こんなよくある低い机に9人が座るんです!!

 

低学年ばかりとは言えぎゅうぎゅうですよ。

集中できる子はできるのでしょうがうちの子には難しそうな環境です。

つまり宿題を全くやってこないのではなく、学童で終わらせてこれないタイプ

 

学童に長くいれば長くいるほど疲れて帰ってくる

当たり前なことといえばそうですが、学童に長くいれば長くいるほど

帰宅後に疲れて暴れる息子。

滞在時間が長いほうがこちらとしては安心ですが

帰宅してから宿題をする余力が残らないみたいです。

つまり

  • 学童では集中できず宿題を終わらせられない。
  • 滞在時間を長くすると疲れて帰宅後に宿題ができない。

 

本人もそこは自覚があるので

「宿題をするために早く帰ってきて、家で宿題をしたい」という始末。

 

こうなってくると学童に通わせる意味が、、、

 

何のために学童に行っているのか

私が学童に行かせているのは

  • 安全確保
  • 宿題をやってくる

の2点なんですが、学童で宿題を終えることはどうやら難しい様子。

一人で過ごしたほうが宿題もできて、長男も好きな遊びや習い事を活発にできるなら

学童やめるもありかなと思ってきました。

何よりも小3で学童に入れなくなるのなら、

小2の今から少しずつ学童に行かなくてもよい生活に慣れていったほうが

良いのかもしれないと気が付いたのです。

学童に行かないのなら何をする?

次に立ちはだかるのは、学童に行かないならその時間何をするんだって問題です。

さすがに毎日好きに遊んでいいよとはなりません。

それでは放課後どう過ごさせよう。。。ということで我が家なりの

アプローチを

塾に通う

小4の壁の解決策で一番多いのは塾に通う(そして、その流れで中学受験)が多いと思います。

小3や小2では塾も週1回のところがほとんど

小4の中学受験コースでも週2回が多いので、塾だけで平日を埋めることは難しそうです。

ちなみに、我が家では塾の選択肢は今のところないですが、小4になったらたぶん入れます。

習い事を増やす

習い事の回数や種類を増やす。

放課後を習い事で埋める作戦です。

子どもが忙しくなりすぎることと費用がかかることがネックになりやすいかと思います

 

児童館に遊びにいく

これ、うちの子がしたいことです。

一度家に帰って児童館におもちゃを持って遊びに行く。

ゆるく(あくまでゆるく)児童館の先生の目もあって親としても安心です。

次回へ続く

今回は我が家の状況と課題を書きました。

次回は学童に行かないのなら、何を準備してどんな対策をしていくのか書きます。

 

 

おすすめの記事