時短家事!食洗機に『コレール』がおすすめの3つの理由
スポンサーリンク

食洗器はお皿を選ぶ

毎日する家事のひとつ”食器洗い”

私のマイホームのテーマは”家事がラクになる家”だったので

マイホーム計画段階で一番に希望したものが”食洗機”でした

おかげで無事にマイホームには食洗機を設置出来ました。

食洗機を使用したことでお皿洗いからは解放されたものの

別の気になることが出てきました

食洗機で洗ってもキレイにならない・・・

食洗機にお皿が入れにくい・・・

  • 今食洗機を利用して同じ悩みのなる方
  • これから食洗機を買おうとしている方
  • 食洗機持ってないけど、扱いが楽な食器を探してる方

そんなあなたにオススメしたいお皿がコレールです!!

スポンサーリンク

コレールをおすすめする理由

(左:100均のお皿2枚。右:コレール4枚 ほぼ同じ高さ)

ガラス製だから食洗器◎

食洗機が得意な素材のひとつがガラス

コレールは独自の三層のガラスのお皿です

食洗機を使用したときに

  • 汚れがきちんと落ちる
  • 乾燥がしっかりされる

のでストレスなく毎日使えます

もちろん電子レンジの使用も可能です

軽い&割れにくい

ほぼ同じ大きさの100円均一のお皿とコレールのお皿では100g以上違いますね

軽いことのメリットは

  • 料理を入れて運ぶときに重くなりにいく
  • 子どもで無理なく持ててお手伝いがやりやすくなる

コレールは割れにくいことでも有名で実際使用して3年以上経ちますが、割れたことは一度もありません

薄くてスタッキングしやすい

 

 

食洗機の中にセットするとき、

コレールは他のお皿と比べて薄くて並べやすいので

それまでのお皿に比べて2倍の量をセットできるようになりました

 

(お皿は立てて収納しています。右端:100円均一のお皿。それ以外はすべてコレール。)

 

そしてお皿をしまう時もスタッキング出来る上に重ねても薄いので

同じ場所でも収納できる枚数を増えます

同じ場所でも収納できる枚数が増えると動かずに取り出せるお皿の量が増えます

すると無駄な動作が減るので料理時間の時短にも

片付けの時短にもつながりますよ!!

スポンサーリンク

コレールが割れると大変なことになるらしい

メリットだけでなく、デメリットも伝えますと

丈夫なコレールなだけに割れると小さく粉々になり破片が飛散して

とても危ないそうです。。。

参考)日経新聞で記事になっていました

気づけばコレールばかり使っている我が家

我が家で利用しているコレールはすべて”ウインターフロスト”というシリーズのもので

真っ白なお皿です

白なので他の白いお皿との相性ももちろんよく

盛り付ける料理を選びません

コレール(CORELLE)ウインターフロストホワイト 大皿 J110-N【フラリア】【ポイント10倍】【HL_New1902】
直径26センチと大きくて平らな大皿

ホットケーキやお好み焼きや餃子などをドーンとテーブルに出すときに使っています。

コレール コレール ウインターフロスト ホワイト ランチ皿 小 J385-N <RKL6102>

直径21.6センチ、3つに仕切られていて子ども用に使っています

このお皿を使用すると”3箇所埋めないといけない”感覚になり

主菜、副菜×2と最低限のバランスを保てている気がします


コレール コレール ウインターフロスト ホワイト 多用ボウル 大 J428-N <RKL6501>

多様ボウル大はかなり深いので子どもたちの丼用やサラダをモリモリ食べるときにしています。


コレール コレール ウインターフロスト ホワイト ボウル 中 J418-N <RKL6302>

コレール ウインターフロスト ホワイト 深皿 大 J420-N 1588180

中ボウルが我が家では一番出番が多いので買い足し買い足しで6枚に!!

  • ヨーグルトやシリアル
  • サラダ
  • スープ
  • おでんなど汁もの
  • お素麺など麺もの

 

深皿は直径21.5センチ。カレーやパスタで利用しています

写真を撮り忘れたーーーー!!ランチ皿や深皿と同じサイズで平らな中皿も4枚あります
コレール ウインターフロストホワイト中皿J108-N

まとめ

こどもが小さな間は丈夫なお皿がいいですよね

コレールは1枚1000円前後と価格もお手頃で

食洗機に入れてもちゃんと乾くし

しまうときもスタッキング出来て便利です

特に我が家はお皿を縦に収納して片手で取り出しているので

軽さも助かっています

忙しいママにぴったりなお皿!

 

おすすめの記事